桜における死生観

桜における死生観があるのか

日本にとって桜は国花でもあり、昔から花見と言えば桜の花を見て自然に感謝していました。
桜の「さ」という音は「さかき」の「さ」であり神を表し、幸の「さ」でもあります。
そして桜の「くら」は神の座る神座(かみくら)の「くら」ということで、桜は神であるという考え方がありました。

農耕民族である日本人にとって、水田や畑の縁に桜が満開にキレイに咲くことは、神が見守っているというイメージがあったと言われています。
そして神聖な桜の散り方は、パーッと咲きアッという間に散ってしまうという散り際の潔さが、日本人の美学と一致したとも言われていますが、桜が日本人の死生観としっかりつながったのは意外と歴史は浅いようです。

死に対する考え方について

日本人は仏教の教えにより死とはすべての終わりではなく、けじめであり、節目であるという考え方が定着していました。
そのため葬式などの儀式もあくまで人生の旅の通過点として、あるいは新たな出発点として行うものだという考え方があったのです。
しかし現在は桜の花に見る死生観のように、散るときの潔さこそ次のステージへの扉を開くスタートだという考え方もなくなってきました。

現在の葬式などは、故人の足跡や思い出などを辿るということばかりが中心になってしまい、仏教的な思想を考えることがなくなってきました。
多くの人が亡くなってからのステージに思いを馳せることもなくなり、往生や成仏という言葉の意味も分からず考えることもない日本人が増え、供養儀礼なども分からない人も多くなってしまったのです。

桜に見る死生観の由来

桜に見る死生観はそんなに古くからの由来があるわけではありません。
桜を神として感じていたという時代はとても古くからあったようですが、特に桜の散り方に死生観を感じるようになった由来はそれほど古くありません。
確かに武士道などでは、桜のような散り際の潔さはとても大切であり、桜のような散り方は素晴らしく感じたていたことでしょう。

しかし日本中の多くの人の心の中に、桜の散り方と死生観が重なるようになったのは、やはり戦争などによる散り際の潔さこそ美しいという教育を受けるようになってから強調されたと言えるのです。
そして現在は、死を人生の旅路の節目であるという考えもなくなりつつあり、桜に見る散り方の美しさから死生観を感じる人もだんだん減ってきているのではないでしょうか。

また寿命がどんどん伸びてきて、100歳以上人が今現在なんと6万7824人いると厚生労働省も発表しています。
このような時代になると短くパッと散るより、長くいつまでも元気に生きるという気持の方が大切になり、当然桜に見る死生観が薄れてくるのも当然のことかも知れません。

Comments are closed.