普段何気なく目にしているお墓ですが、そこで使われている道具や作法にはきちんと伝統的な意味が込められています。 宗派によって若干の差はあるものの、一般的な仏教式のお墓の場合、墓石の形や周囲に置かれる用具や飾り物の形はほとんど変わりません。 また、お盆などお墓参りの時期などには、木製の水桶に柄杓をもっていって水を上からかけるようにする作法もあります。 お墓参りの意味や作法 お墓参りをするとき、[...]
従来までの風習にのっとれば、葬儀が終わった遺体は火葬場で焼却され、しかるべき日数をおいてからお墓に収められるものという順序が常識とされてきました。 ですが、最近では生まれ故郷に骨を埋めることをあまりよく思わず、自分だけのお墓を用意したり、または思い切ってお墓自体に入らないようにしてもらうという人も増えてきているようです。 散骨が一大ブーム 家族葬や音楽葬といった、お坊さんの出席しない身内のみ[...]
墓石と聞くと、普通縦長の長方形をした和型墓石を思い浮かべます。 和型墓石は江戸時代後半から日本のお墓の形として一般的になってきたもので、墓石の下の部分には引き出し状の遺骨を収める穴が開けられています。 和型墓石 日本においては墓石は一人一つではなく、一家に一つ、または一族に一つといったふうに非常に沢山の人が一箇所に収められる方式となっているので、和型墓石のような中身だけが簡単に入れ替えること[...]
日本文化における「お墓」とは、単なる墓標としての役割以上に大きな意味を持つものでもあります。 日本の伝統的な家制度とは、このお墓を守るための制度と言い換えることもでき、先祖代々伝わるお墓を守ることができるかどうかということが、家族の絆を確かめる上でも大切なポイントとなっています。 独自の風習 欧米諸国や他の宗教文化を持った国々のように、火葬をしない土葬においてはお墓とは基本的に一人につき一つ[...]