お盆のお供え「水の子」について

水の子とは?

胎児のうちに流産あるいは人工中絶などによって、実際に生まれて来られなかった子どもの魂のことを水の子や水子と言います。
仏教では水子と書いて「すいじ」と読み、生まれる前に死んでしまった子どもや死産した子どもの戒名の下には水子という言葉を付け位号の1つとします。

水子の由来とは

水子、水の子の由来はいろいろ言われており、生まれてすぐに海に流されたとされる、日本神話の水蛭子の神から水の子、水子となったという説。
また他にも飢餓が続いてしまったときに、間引きとして生まれたばかりの赤ちゃんを川に流すという、昔行われていた風習が説となっているとも言われています。
間引きで水に流されたから「水子」であり、親も見ずに亡くなったということで「見ず子」という二つの言葉からできたという説もあります。

水子供養の始まり

水子供養は以外にも歴史が浅いと言われており、生まれて来なかった子どもや生まれてすぐに死んでしまった子どもに敬意を表さないことではなく、日本では仏教の教えによって7歳までは神であり、まだ人間として魂がこの世に定着していないという考えがあったのです。
そのため、7歳までに亡くなってしまった子どもは、もう一度生まれ変わってくるという考えがありました。

そこで今度生まれてくるときには、立派な大人になって生きて欲しいという気持から葬儀は行わなかったのです。
しかし小さい子どもを亡くした親などの苦しみを救済しなければならないということで、江戸時代に浄土宗の祐天上人が水子にも法名を与え供養をしたことが、今の水子供養の始まりとなっているのです。

現在の水子供養について

戦後日本では人工妊娠中絶が認められるようになったことから、中絶をする女性も増加するようになり、1970年代には水子供養のブームが到来します。
霊能者ブームもあり水子供養の大切さが広がるようになり、また女性の罪悪感から楽になりたいという気持もあり、お寺でも水子供養を行うようになりました。
もちろん供養をすることは大切なことですが、お寺や宗教団体にお金を積んでお願いすることより、自分の思いがとても重要ではないでしょうか。

供養とは宗教団体やお寺でやってもらうことではなく、自分が本当に心を馳せ成仏を願うことではないでしょうか。
そのため供養の気持をかたちにするための一つの方法として、お盆のお供えをすることもおすすめなのです。

供養としての供物の作り方

水の子に対してはいろいろな宗教団体やお寺などでも、水子供養ができるようになっています。
しかし特にそれらに頼らずに自分なりに、昔から伝えられている水の子のお盆のお供えの仕方で、心こもった供養をしてはいかがでしょう。
供物の作り方は仏教的な意味が込められたものであり、心を込めて行いましょう。

まずお盆にはご先祖だけでなく、すべての霊をおもてなしするということから無縁仏のための供物をつくるということが仏教的な施しということになります。
実は水の子のお供えは例えば自分の子どもであっても、餓鬼道に落ちてしまった無縁仏のお供えが水の子のお供えになります。
用意するものはキレイな直径14~15㎝の浅い器と、ハスの葉1枚、キュウリと茄子の5㎜ほどのさいの目切りと、研いだお米を準備しましょう。

お米、キュウリ、茄子は大さじ1杯程度、ハスの葉は無ければ結構です。
茄子は黒くなるので、熱湯にサッと入れてすぐに冷水に浸すと色が変わらず紫のキレイな状態が保てます。
器にハスの葉を敷き、そこに米、キュウリ、茄子を混ぜたものを乗せ、ハスの葉が浸る程度の水を入れて完成です。

ハスはもともとお供えのお皿の意味があり、器を使うことで特に無ければいりませんが手に入れば使用し、器はできるだけ白のものを使用します。
地方によってはニンジンのさいの目切りも入れるところなどもありますが、しっかり供養するという気持があれば特に気にすることはないでしょう。
水の子も餓鬼と言われている無縁仏も小さいものしか食べられないと言われており、そのために小さく食べやすいかたちにすると言われています。