インドのタージ・マハル

世界一美しい霊廟と言われる建物

タージ・マハルはインドのアーグラ市に存在しているムガル帝国時代の王シャー・ジャハーンが愛妃のために建築した霊廟です。

建物は建築以来数百年もの月日が経過していながらも非常に優れた建築技術と造形をしており、世界一美しい霊廟とまで言われています。

建物は総大理石という非常に贅沢な建材で作られており、1983年には世界遺産として登録されています。

タージ・マハルの建築が開始されたのは1631年のことで、当時ムガル帝国第5代皇帝であったシャー・ジャハーンの后であったムムターズが亡くなったことをきっかけにその死を弔うため最も美しい霊廟を作ることを決めました。

それから完成まで1653年までと長い月日がかかりましたが、完成したタージ・マハルは左右対称の設計に目の前にある豊かな水とまさに完璧な出来栄えとなっています。

のちにシャー・ジャハーンが亡くなるときにも同じように霊廟を作る予定だったのですが、タージ・マハル建築後にムガル帝国の財政が逼迫してしまい、結果的にそれが王朝最大にした最高の遺跡として残ることになりました。

タージ・マハル内部の構造

タージ・マハルの様子を紹介するときに最も多く使用されているのが真っ白く円形の屋根をした廟です。

建物には四本の柱が取り囲むように配置されていますが、これは東西南北どの方向から見ても同じように見えるようにしているためです。

建物内部もすべて左右対称の同じ構造をしているのですが、唯一内部に置かれているお墓だけが例外的に中心に据えられています。

もともとはシャー・ジャハーンは自分用の霊廟を建築する予定だったのですがそれが結果的にかなわなかったがため、後の子孫たちがタージ・マハルの内部に王妃とともに王の亡骸を置くようにしたのでした。

Comments are closed.