サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街

サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街の様々な遺産

サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街は、旧市街ならでは街並みだけでなく、観光客を狙ったサービスなどを提供しているところが特徴的です。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街は、スペイン北西部に位置するガリシア州に存在します。
州都はサンティアゴ・デ・コンポステーラとなりますが、近年において、このような土地の評価が上がっている、もしくは注目が集まっているのは、遺産としての価値が上昇している場所でもあるからです。

例えば、サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街は、エルサレム市街、ローマといったキリスト教の三大聖地の1つでもあり、また、外観において歴史を感じることのできる街並みになっているため、高い評価を甘んじて受けているのです。
聖地というと、立派な建物が立ち並んでいる場所と思っている人も多いですが、歴史の中では戦争の被害に遭うことも多いため、迷路のようになっている街並みのほうが圧倒的に多いです。

これは、サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街も変わりません。
そのため、階段状になっている街路も存在すれば、地下に通じている道も存在するのが、三大聖地の特徴でもあるのです。

ただ、サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街は、他の聖地と比較して景観が良いという魅力があります。
一般的な聖地は、山の中、もしくは平野などに存在しているケースが多く、そのため、景観上の評価はそれほど多く存在しません。

しかし、サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街は、高いところから各地を見下ろせるスポットも存在するため、今でも、観光スポットとして知られている名所が数多く存在するのです。
巡礼者も多く存在し、サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街を訪れる人の多くは、ヨーロッパ中から集まることが多いという状況でもあります。

他にも、サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街は、9世紀にヤコブの墓が発見されたため、そのような遺産を見て回るという目的で、観光を楽しんでいる人も多いという、聖地にしては珍しく、巡礼以外の目的で訪れている人も多いという特徴があります。

観光スポットとしても人気

サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街には、以下のような特徴も存在します。

まず、サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街には、5つ星のパラドールと言われている、国営ホテルが存在しますので、そもそも観光客を取り入れるためのサービスを展開しているのです。
一般的な聖地では、このような営業活動を行なっていないことが多く、聖地と聖地に隣接している地域を遺産と商業区で分別していることが多いです。
そのため、夜間であっても薄暗い場所が少なく、また、足を踏み外すと転落してしまうような未整備のエリアも少ないのです。

他にも、観光スポットとして有名なので、郷土料理に舌鼓を打つ人も年々で増え続けています。
このような新しい観光スポットとしてのあり方を提唱しているのが、三大聖地にしては珍しい、魅力的な特徴でもあるのです。

Comments are closed.