ロイ・マタ首長の領地

最高位首長の称号ロイ・マタ

ロイ・マタ首長の領地とは、ロイ・マタにより治められている領地のことです。
ロイ・マタとは、バヌアツのエファテ島周辺を支配している者の意として使用されています。
つまり、ロイ・マタとは領地内における最高位首長の称号のことなのです。
個人名ではないので注意してください。

また、どうして領地を治めている人物であり、ロイ・マタのような立場が存在するのかというと、それは度々、部族間の争いが起きてしまっている時代もあったからです。
そんな時に、争いだけでは統治はできないということで、ロイ・マタのような存在が生み出されるようになりました。
部族同士のいがみ合いを、制裁できる、もしくは解決できるほどの人物こそがロイ・マタでもあるということです。

時折ロイ・マタという人物も存在するという話が出てきますが、こちらは今になって用いられるようになったロイ・マタです。
先ほどのロイ・マタは最高位首長の証となり、ロイ・マタ島の歴史にはロイ・マタに相応しい人物もいたため、遺産登録後はその人物に対してもロイ・マタが使われているというだけです。
ロイ・マタとして扱われることの多い特定の人物は、1600年頃に部族間の争いを終結させた人物でもあります。
そのため、他のロイ・マタとは区別されていることが多く、ロイ・マタ島の歴史でもあり、また特徴でもあるという見方が多いのです。

興味深いさまざまな伝説

ロイ・マタ首長の領地には、ロイ・マタ伝説と言われているものも数多く残っています。

例えば、ロイ・マタは実在したのかという考えが存在し、確かにロイ・マタはいたという歴史的背景が存在しないのです。
そのため、部族間の争いを終結させたロイ・マタは、架空の存在なのではないかという意見も存在します。

ですが、今になってそんなロイ・マタの存在を明らかにするものが増えてきたため、歴史的遺産としての扱いを受けるものも増えてきました。
ロイ・マタ首長の領地で代表的な物というと、ロイ・マタが死んだとされる場所、もしくは墓地が該当します。

他にも、邸宅や使用していたものと思われるものも、歴史的遺産なのではないかということで、ロイ・マタ首長の領地では、数多くの歴史的遺産が眠っているという評価も存在するのです。
このように、歴史を感じるとともに、まだ明らかになっていないところが多いため、ロイ・マタ首長の領地には伝説が数多く存在する、と信じられているのです。

ただ、今のところは騒がれているだけで明らかになっていません。
これから先、多くの人がロイ・マタ首長の領地を訪れ、もしかすると、その中から明らかになっていくことも多くあるとされているため、今では歴史的遺産であり、観光の名所として扱われている場所も存在するのです。

Comments are closed.