マカオ歴史地区

歴史的背景が深いマカオ歴史地区

マカオ歴史地区は当時を思い返すことができるような特徴を多く有しています。
例えば、マカオ歴史地区は、過去ではポルトガル人を中心とした外国人たちが住んでいた地域でした。
そのため、メインストリートと呼ばれる場所が存在するのですが、全体的に作りがハッキリとしているため、観光スポットとされる場所も多く存在します。

他にも、マカオ歴史地区のメインストリート沿いには、マカオの中でも重要な歴史的建築物が多く存在するのです。
しかも、これらの建築物は当時を思い返すことができるほど、それほど傷みが進んでいる状況ではありません。
他にも、マカオ歴史地区はポルトガルだけでなく、中国との関係を学べるスポットとして知られています。
過去において、何度も使用されていた港などが存在し、そんな港を見つめて過去の出来事を学べるようにもなっているのです。

そもそも、マカオ歴史地区は小さな島でしかありません。
ですが、歴史とともに多くの島民、外国人の利用があったため、今でも高い関心を持たれている島として人気なのです。
また、マカオ歴史地区では様々な野菜、果実が採取できるため人気です。
観光客の中には、このようなマカオ歴史地区で食べられるフルーツを求めて、歴史、地域特有の食事を楽しまれている人もいます。

ポルトガル人の拠点モンテの砦

前述のとおりですが、そもそもマカオ歴史地区は小さな島でした。

では、どうして今のような発達を遂げた島となったのかというと、それは歴史との深い関わりにより、今のようなマカオになったのです。
まず、マカオには島民だけでなく、ポルトガル人も住んでいました。
ポルトガル人は、マカオを拠点とするために住んでいたため、正確には島内で活動をされていた人物が多かったわけではありません。
ポルトガル人は国の指示を受けて、財宝、領土探しを行なっていたため、マカオ歴史地区を中継地点にしていただけなのです。

そのため、マカオ歴史地区の歴史に関しても、ポルトガル人との関わりは、それほど多くはないことを物語っています。
ポルトガル人とは国交に近い付き合いはあったが、それ以外の付き合いは多くなく、また、建築物などの技術に関しては、ポルトガル人との交流により高まっていった、という歴史があるくらいです。

それと、ポルトガル人の拠点はモンテの砦です。
ポルトガル人といった外国人は、このような場所を好んで住んでいたのですが、城外については、中国人の村、田んぼが多く存在するといった状況でした。
そのため、ポルトガル人の中には、砦以外の居住区を作り出す努力をされた人もいれば、そのような技術を島民に与えて、土地にあった建築物の研究に力を注いだ人もいたそうです。

Comments are closed.