樹木葬

「土に帰る」ための埋葬方法

人が亡くなったあとのことを「土に帰る」と表現することがよくありますが、それを文字通り実行するための方法となるのが「樹木葬」です。

樹木葬は別名「桜葬」と言われることもあり、亡くなったあとの遺骨を樹木の根元に埋めたり散骨をしたりするという方法のことを言います。

樹木葬にしても桜葬にしても特定の宗教や文化風習をもとにしたものではないため特別に何か守らなければいけない手順はなく、民間のサービスとして行うものと位置づけられています。

そのため全国で「樹木葬」として行われているサービスにはかなり業者によって内容に違いがあり、遺骨を埋めたあとに何らかの植物を植えるというタイプもあれば、既に森林となっている自然の中に散骨をするという方法がとられることもあります。

完全にお墓のない散骨にしてしまう場合もあれば、墓石とは異なる何らかのメモリアルストーンを地面に印として埋め込んだりすることもあります。

もしこれから樹木葬をしようと考えているなら企業ごとにどういった方法がとられているかということをしっかり個別に確認した方がよいといえます。

なお業者を通さずに遺族が勝手に許可のない土地に散骨をすることは死体遺棄として刑法犯罪になってしまうこともあるので十分に注意をしておきましょう。

樹木葬の広がりとコンセプト

樹木葬という言葉が日本で最初に登場したのは1999年のことです。

最初に行ったとされるのは岩手県の祥雲寺で、それ以前から少しずつ流行してきた「散骨」をよりきちんと行おうという考えのもとで開始されました。

祥雲寺の住職さんが行った樹木葬は「お墓を作らない・入らない」ということだけでなく、近隣の里山の植物を増やしたいという目的も持っており散骨をすると同時に植林していくということにより自然保護を新しい埋葬と合わせて行うことができるという非常に画期的なものでした。

こうした植林を地域全体で行っていくという埋葬方法を「里山型樹木葬」と呼んでいます。

一方でこうした里山型樹木葬とは全く別の流れとして既に存在している森や林の中に埋葬するという方法も広がっています。

地方まで行かなくても都市部近郊でできるタイプの樹木葬のことを「都市型樹木葬」と呼んで区別しており、これは新しいタイプの霊園として広い土地に多くの植林をしてその中に限定して散骨ができるようにしたというところが特徴です。

このタイプの樹木方法ができる場所として最も有名なのが東京都の小平霊園で、2012年から本格的にスタートをしています。

他にも都市部では霊園として森や林を作るケースが増えており、場所によってはかなりの倍率の申し込みとなっているそうです。

公営の樹木墓地も増えてきています

もともとは民間のサービスとして始まった樹木葬ですが、開始をしてからまたたく間に評判は広がり、従来までのようなお墓への埋葬方法を希望しない若い世代の人もかなり増加してきました。

また少子高齢化の影響により自分が亡くなった後に地元の墓を継いでくれる人がいなくなってしまうということから、早くから樹木葬にすることを希望して申し込みをしておくという高齢者も増加しています。

そんなニーズに応える形で現在では公営の樹木墓地も都市部でできるようになりました。

関東近郊では千葉県の浦安墓地や横浜の市営墓地といったところが有名です。

中でも浦安市営墓地は広大な敷地内に数多くの樹木を植え、その森林の中に大勢の人の遺骨をまくという合同墓地という方法をとっています。

完全に散骨をするのではなく遺骨を専用の袋に入れた状態であらかじめ設置してある縦穴の中に入れるので、故人にゆかりのある人が訪れて焼香をすることができるようにもなっています。

こうした樹木墓地の利用料は一般の墓地と比較してかなり安いということが特徴になっており、また継続して支払う必要がないのでかなり多くの人が申し込みをしています。

Comments are closed.