自宅安置

いつまでに納骨をしなければいけないという決まりはない

通常の仏教的葬儀方法では、まずお通夜から葬儀までを執り行ったあと火葬場で遺体を火葬してもらいそれを骨壷に収めて自宅に持ち帰ります。

このとき桐の箱に入れた状態でしばらく自宅の仏壇前などに保管することになりますが、お骨をどのタイミングでお墓に入れるかということについては明確な定めはありません。

仏教においては初七日や四十九日など特定の日数に合わせた法要が行われることとなっているのですが、案外納骨については規定がゆるやかであり、最初の区切りとなる四十九日までの間の自由な時期に行ってよいものとされています。

逆に言えば仏教的な法要の時期と納骨のタイミングは全く別のものとなっていますので、遺骨をどういった方法で弔うかということについては家族の事情や意識が反映されるということになります。

四十九日に合わせて納骨をするのが一般的ですが、より長く自宅に故人の存在を感じていたいというような場合などは法要よりも納骨をかなり遅らせ一周忌や三周忌までずっと納骨せず自宅においておくという人もいたりします。

「自宅安置」とはそうした納骨をせずに故人を弔うという方法で、あえて墓に入れずに自宅においておくことによりより故人を思う供養をしていくことができます。

一部だけでも自宅安置ができます

自宅安置にもいくつかの種類があり、完全に自宅安置をする方法だけでなく一部のみを自宅に置いておくという方法もあります。

またいつまでも骨壷と桐の箱に入れておくというのはいかにも遺骨を置いているという雰囲気になってしまうてため、自宅安置のためにより室内に置きやすい容器に入れ替えるということもできます。

ここ近年では自宅安置に対応できるようにと仏壇の内部にお骨を収めるスペースを設けるといった方法も取られており、それぞれの事情や考え方にあった方法をとりやすくもなってきています。

自宅安置による供養は半永久的にそのままにしておくということだけでなく、時期を見て散骨や樹木葬をする予定がある人のための一時的な方法としても選ばれています。

お墓を今後作る予定があるけれどもまだずっと先になるという人などにとっても利用しやすい方法ですので、当面どういった供養にするか迷っている人にもおすすめできます。

Comments are closed.