本山納骨

西日本地域で広く行われてきた方法

「本座納骨」とは、主に西日本地域で広く行われてきた供養の方法です。

一般的には遺骨となったあとには一箇所のお墓にそのまますべてが収められることとなっていますが、その納骨場所を「家」が管理するお墓ではなく本人の所属する宗派の本山に委ねるというところに違いがあります。

本山に納骨されるお骨は他の同じ宗派に属する人たちとの合祀という扱いになりますので、後に遺族が訪れてお参りをするという場合にも特定の墓石ではなくその本山にある永代供養墓に行うことになります。

本山納骨をされたお骨は他のお骨と一緒に混ぜられて供養をされるようになるため、納骨後に自分の遺族のお骨だけを返還してもらいたいという希望がかなわないこともあります。

つまりのちに家でお墓を作ったのでそちらに移し替えたいということがあっても対応ができないのでその点は事前に十分理解しておくべきこととなります。

また本山納骨はどの宗派でも等しく行っているというわけではなく、お寺によっては取り扱いをしていないということもあります。

自分の属する宗派で行う場合にはどのお寺になるかということも調べて申し込みをしておくようにしましょう。

安心感があるということもポイント

本山納骨はここ最近になって希望者が徐々に増えてきたということに特徴があります。

というのもここ近年では葬儀関連のサービスを行う企業として民間業者が多く参入してきており、宗派を問わずに受け入れる霊園や区画墓地などがみられるようになっているからです。

こうした民間墓地や霊園は各種のサービスが充実しているという反面で、母体となる企業が経営不振になることで突然廃業にされてしまうという危険性があります。

その点本山納骨においては受け入れをしている場所は信頼性の高い伝統的な宗教法人ということもあり、突然にサービスが廃止になるといった心配が少なくなります。

またきちんとした宗派による供養をしていることから、遠方であっても合祀できちんと定期的な供養を受けることができるという安心感もあります。

通常の霊園などの利用料と比較してもかなり安価でよいという場合も多く、お墓を継ぐ人がいないという高齢者からの問い合わせも増えています。

Comments are closed.