永代供養

お墓に入らない供養として最も歴史が古い方法

新しい供養の方法が次々に登場している現代ですが、中でも最も歴史が古く利用者が多いのが「永代供養」という方法です。

永代供養とは全国各地にあるお寺で一般的に行われている方法で、何らかの事情によりお墓を家族が継続して管理していくことが難しくなった場合にその区画を廃止するとともにその後の供養をお寺が一括して行うようにするという合祀のための方法です。

永代供養を選択することでそれまでそのお寺の檀家として所有していたお墓が撤去されるとともに、収められていた遺灰を合祀場所に移されることになります。

本来的には永代供養は子供ができなかったためにお墓の継続が難しくなった家庭や、本人の希望により家族の墓に入りたくないということがあった場合に行われる措置として機能してきたのですが、ここ最近では少子高齢化の影響により実質的にお墓の継続をすることができなかった場合によく使用されています。

初回使用料のみで宗旨・宗派は不問

永代供養とはもともと身元の分からない遺体が地域で発見された場合にその弔いをするという方法で使用されるようになっていたものでした。

それぞれの寺院では永代供養をされる人のための管理行事が定期的にあり、これまで同じ墓に収められてきた人たちに対して失礼のないきちんとした手順がとられています。

永代供養を受け付けるお寺では基本的には最初に使用料を徴収していますが、それらの費用は一般的な墓の維持費に比べてかなり安くなっています。

ですので今現在家族と分かれて身内がおらず、自分が亡くなったら誰も身内がいないという人にとっても自分の死後の面倒をみてくれる場所ができるとして広く選ばれるようになっています。

永代供養は基本的にはもとの墓があったお寺で行うものとなっていますが、事情によりそれまでの宗旨や宗派を問わずに受け入れてくれるお寺も多く自分の今住んでいる地域の最寄りの場所にお願いすることも可能です。

合祀をする場合には最終的には他の遺骨と一緒の場所に収められますが、お寺によっては完全に合祀にするまでの間に一時的に遺骨を個別に保管するという方法もとられています。

同じ永代供養でもどういった方法で遺骨の管理が行われるかはその地域の風習やお寺の収容スペース、希望者の多さによりかなり異なってくるので生前のうちに予約をする場合にはしっかり内容の違いを理解して申し込むようにしていきましょう。

Comments are closed.