死んだあとに行く場所とは

キリスト教の教えにおいては、魂を持って生きているのは神の姿を似せて作られた人間のみとなっています。
そのため、例えどれほど親しく生前一緒に暮らしたペットであっても、天国に入れるのは魂をもった人間のみと教えられます。
もっとも海外においてもペットをまるで家族の一員のような存在として捉えている人も多いので、キリスト教圏においてもあまり厳密に魂を持つもの、持たないものについて考えないようになっているのかもしれません。
一方日本においてはどうかというと、日本には仏教徒は別に土着の宗教観として「八百万の神」という考え方があります。
すなわち、この世に存在しているもの全てには魂があり神様が宿っているという考え方です。
人や動物のような生命として活動をしているものの他、虫や目に見えない細菌のようなものさえも、きちんとそれ独自の生をまっとうしているというふうにとらえられているのです。

もう一つ、日本において独自の考え方として幽霊としての存在があります。
日本でも海外でも、何らかの恨みや後悔を強く残して亡くなった人は魂が死後行くべき場所にいくことができずに、長くこの世を実態を持たない姿のままさまようこととされています。
ホラー映画などを見るとその差はわかりやすいのですが、海外においての幽霊というのは非常に生きている人に近い姿をしており、いわゆる「見える人」にとってはあたかも生きている人間と同じように振舞っているのが見えるといいます。
対して日本における幽霊というのは非常に存在が謙虚で、写真に写るにしても隅っこにこっそり写ったり、人の姿をしない光や影として現れたりするものとなっています。
おもしろいのがかつて何らかの事件や事故で人が亡くなった住宅で「幽霊が出る」という噂がたったとき、日本では価格の値段が下がってしまうのですが、イギリスにおいてはむしろ値上がりして入りたがる人が増えるということです。

この幽霊になったときの姿の差は、日本においては体という姿を失った死後には、煙のような霊魂としての存在になるものという民間伝承が関係しているのではないかと見られています。
さらに、日本には独自の幽霊とは別の「お化け」「妖怪」という不可思議な存在もいるものと信じられています。通常幽霊や霊魂となるはずの人の魂も、何かのきっかけでお化けや妖怪に変化してしまうこともあるようです。
死んだあとの道のりは決して一つではなく、生きているときの行ないや考えによって変化するなんておもしろいですね。

Comments are closed.