仏教における転生と復活

私達が普段何気なく使っている言葉でも、その内容を正しく理解しないままなんとなく使用している仏教用語がいくつかあります。
例えば旅行や初詣などで訪れる仏閣や神社の中にはご神体や仏像がいくつか祀られているものですが、その像の名前や仏教界においてはどのような役割を担う神様であるかについては詳しく知らないことがほとんどです。

仏像の種類を細かくみてみると、如来、菩薩、明王、天、羅漢、高僧といったふうに分類されていることに気が付きます。
これらの分類の中でも最も位が高いとされているのは「如来」です。
如来と名のつく仏像はお釈迦様を筆頭に、阿弥陀さま、薬師さまがあり、さらに高い位置にいる存在として「大日如来」をあがめています。
これらはそれぞれ名前の違う如来として仏像が作られていますが、見た目はほとんど変わらずお釈迦様と同じような背格好や服装をしています。

如来の一つ下に位置するのが「菩薩」です。
菩薩は如来の補佐役として現世に暮らす私達の助けをしてくださる存在です。
菩薩の名前がつくものとしては、観音菩薩、弥勒菩薩、文殊菩薩、地蔵菩薩などが有名です。

菩薩の見た目は如来と少し違ってそれぞれの個性を感じさせるものですが、基本的なモデルはお釈迦様が出家をする前の王子の身分であったときの姿であるといわれます。
そのため如来が比較的地味な服装をしているのに対し、菩薩はアクセサリーを身につけたり装飾的な洋服を着ていたりします。

菩薩は人々を救うとき、慈悲の心をもって行うのですが、その心を理解せず言うことを聞こうとしない者も中にはいます。
そこでそれらの人間に強い力で従わせたり罰を与えたりするのが「明王」です。

明王と分類されるものとしては、不動明王、愛染明王、孔雀明王などがありますがなんといっても一番知名度があるのは憤怒の表情も恐ろしい不動明王です。
不動明王は護摩を焚く祈祷のときのご本尊としても知られており、歴史上の書物の中にもしばしば登場しては人々に働きかけを行なっています。

仏教は世界的にも珍しい多神教であるため、このようにいくつかの役割を持った神様がそれぞれの場面に応じての役割をになっています。
仏教における死生観はこの如来のどの姿をあがめるかによってまた少しずつ意味合いを違わせてきます。
時には自分の属する仏教の宗派ではどの如来様を崇めているかを詳しく調べてみるのも死生観を考えるときには大変に有効なものとなります。

Comments are closed.