チベットの鳥葬における死生観

世界各国には非常に珍しい方法で葬儀を行なっている地域もありますが、中でも独自の方法として有名なのが、チベット地方の「鳥葬」文化です。
鳥葬というのは名前の通り、亡くなった人の遺体を鳥に食べさせるという弔い方です。
亡くなった体とはいえ、それを別の生物に食べさせるというのは、他の土葬や火葬文化に慣れた人たちにとってはなかなか理解できないものではありますが、その背景となる思想を探ってみると、なるほどと思う部分もあります。
鳥葬は別名「天葬」「空葬」と呼ばれることもあり、目的は鳥に食べさせるということよりも、天からの使いである鳥の体の一部となって、神のいる高い空に向かってゆくというところになっているのです。

鳥葬はチベット仏教の教えに基づいた方法でもありますが、実はこのチベット仏教では葬儀の方法は鳥葬だけに限らず、全部で5種類となっています。
それは「火葬」「水葬」「土葬」「塔葬」、それに「鳥葬」です。
火葬や土葬は私達が知っているものとほぼ同じですので説明は省略しますが、水葬とは亡くなった人の遺体を川などに流して供養するもので、塔葬とは霊塔と呼ばれる聖なる建物の中に保存処理を施した遺体を置くというものです。
塔葬が行われるのはダライニフマやパンチェンニフマと呼ばれるような徳の高い者のみで、一般の人が亡くなった場合に行われる葬儀ということでみれば、上記4種類のどれかということになっています。

鳥葬がいつごろから始まったかということについては、実ははっきりとわかっているわけではありません。
鳥葬という方式自体はもともとゾロアスター教徒たちによって行われてきたものという説もあり、それがチベット仏教にどのようにして取り入れられるようになったかについては、複雑な地理的・歴史的事情があるようです。
ではなぜ鳥葬が行われるのかということを見ていくと、それはチベット仏教においては亡くなった遺体は既に抜け殻となっており、魂は別の場所にあるという考えがあるためです。
既に本人の魂は亡くなったのだから、空になった体は別の生き物が生きるために使うべきだとの考えにより、鳥葬という方法が用いられるようになったのではないかと言われています。
鳥葬は宗教的な背景とともに、厳しいチベットの土地にとって必要とされてきました。
火葬のための燃料が不足していたことや、水葬によって水質汚染が起こり伝染病を防ぐこと、土葬は寒冷地であるため掘削が非常に困難であったということが、鳥葬を生み出した理由にもなっているのです。

Comments are closed.