先祖供養と家族葬について

「家族葬」という言葉が多くの葬儀関連の業界で聞かれるようになってきています。
普通葬式を行うというと、特定の宗教(日本においては主に仏教)の方式にのっとり、儀式的な意味合いを持たせて行う場合が多くなっています。
ですが、最近の日本においては何か特定の宗教を生前から定期的に信仰するという人が少なくなってきており、「葬式仏教」という言葉のように、亡くなってから初めて仏教徒らしい行いをすることになるというケースも頻繁に見られるようになってきました。
葬儀を開く目的についてよく考えて見ると、社葬のようにその人が亡くなったということを広く知ってもらうことで残された人たちの関係を築くということが思い当たります。
ですが、それは亡くなった人のためというよりも生きている人たちの利益損得が優先的になってしまうようでもあり、亡くなった人を悲しむ遺族たちの心情とはあまり合致したものとは言いがたい方法です。

そこで、最近増えてきているのが「家族葬」という従来までの葬儀の概念とは少し離れた方法です。
家族葬では、通常の葬儀のように数十人や数百人規模での出席をお願するのではなく、ごくごく親しい親族や関わりの深かった友人などのみが参列します。
詳細はこちらが詳しいです。
・・・家族葬について

まだ新しい葬儀形態でもある家族葬においては、これといって守らなければならない規則や方法があるわけではありません。
ただ「亡くなった家族を悼む」という目的だけで、残された人同士が集まり生前の思い出を懐かしむことになっています。
家族葬が増えてきている背景には、仕事上開かなくてはならない大規模な葬儀とは別に、厳かに行う葬儀を行いたいとする家族からの要望があったということや、またはあまり派手にお金をかけた葬儀をするより、親しい人同士で心のこもった式を開きたいという現代らしいニーズも関係しています。

ただし、心のこもった家族葬を希望する場合には、それなりの配慮や注意が必要となることもあります。
例えば、生前の希望で家族葬を開いたものの、あまり周囲にそのことを通知していなかったために、親しくしていた人が葬儀に出席をすることができずにあとで悔やまれたというような場合です。
また、新しい形態として出発したばかりの家族葬ではきちんとしたノウハウがあるわけではないので、信頼性のない葬儀社に依頼をしてしまったために、せっかくの葬儀の席でよくない思いをしてしまったというケースもあります。
本当に亡くなった人を悼むためにも、家族葬には安心して任せられる実績のある葬儀社を選びたいところですね。

Comments are closed.