六曜とは?

結婚式は大安にするということを常識的なこととして知っている人は数多いはずです。
そして、仏滅の日に結婚式を挙げると会場費が安いというのも有名な話です。
これが事実かどうかはわかりませんが、少なくとも予約しやすいのは確かなことです。

さて、この大安や仏滅というのはいったい何なのでしょうか?
文字からして、大安はいい日、仏滅はよくない日なのだろうと想像はつきます。
しかし、実際のところこの大安や仏滅がいったい何から来たものかを知っている人は
若い人にはあまりいません。

実はこの大安や仏滅などの縁起のいい日、よくない日の考え方は六曜という暦の形式からきているものなのです。

六曜の由来

六曜の始まりは中国です。
一説には、諸葛孔明が戦の作戦を立てるときに、その吉凶を占ったのが初めだといわれていますが、この説は事実ではないことがわかっています。

結婚式やお宮参りの日を選ぶときに使うので神道関係と思いきや、神社ではそのような斟酌はされないのです。
仏滅という文字や縁起という言葉から仏教関係かという気もしますが、仏教では占いを否定的にとらえる考え方が強いのです。
本当のところ、何が起源なのかわかっていません。

日本に入ってきたのは鎌倉時代から室町時代にかけてです。
その後庶民の間で広く普及し、江戸時代には暦にごく普通に記載されており、人々はその暦を基準に物事を決めていたのです。

今でこそ仏滅の結婚式は単なるレアケースですが、江戸時代にはとんでもない不吉な行為と考えられていたのです。何事か始める前には、とりあえず六曜を確認するのが普通でした。

明治政府は、この六曜重視の風潮を良しとせず暦に六曜を記載することを禁止しました。現代に六曜が蘇ったのは第二次世界大戦の後、六曜禁止の法律がなくなってからです。
カレンダーにごく普通に六曜が記載されるようになってからです。

六曜に頼る心

六曜に神経質になる時は吉凶が事実だけでは判断しにくい場合です。
結婚の場合は、そのこと自体は大変おめでたいことですが、結婚する二人が生涯幸福に暮らすかどうかなどわかりようもありません。
そこで、幸福であれという強い思いが六曜という占いに頼ることになったのです。

結局のところ、起こってみなければ吉凶がわからないものの最たるものがギャンブルです。
ギャンブルの世界では六曜やその他の縁起担ぎを非常に重要視します。

六曜は不要?

では、六曜は迷信だから無視してもよいのかという話になると少し複雑です。
例えば結婚のお祝いを渡す日が仏滅だったとします。
若いから気にしないだろうと思いますが、いい気がするか嫌な気がするかといえば、少なくともいい気はしないのです。
不仲なら「悪意があるのか」などと気を回してしまうのです。
年配なら、「非常識だ、失礼だ」となってしまいます。

黒は日本でも欧米でも不吉な色とされています。
結婚のお祝いを黒一色の包装紙で包めば日本でも外国でもとても失礼な話になります。
現実には黒い包装紙でも品質が悪いわけではありません。

六曜の吉凶もこれに似たものがあります。
長い歴史の中で築いてきた文化なので、吉凶の印象を決定づけてしまう力があるのです。
六曜は無視できないというのが現実です。

Comments are closed.