六曜の覚え方

六曜はたった六つなので覚えるのはそんなに難しくありません。ただ意味を理解していないことには、実際にお祝い事やご挨拶の日取りを決めることができません。
六曜は、縁起が良いのか悪いのか、何時ごろならいいのか、物事をするときのタイミングを占うだけで、その他の意味はありません。

六曜の意味

先勝はせんかち又はせんしょうと読みます。
意味は、先んずれば勝つ、急ぐほど良いという意味です。午前中は吉、午後二時以降は凶とされます。

友引はともびき又はゆういんと読みます。
意味は、悪いことに友を引くという意味で葬儀を避ける日です。
正午は凶とされているので慶事なら朝夕どちらかにします。勝負事は引き分けるので負けもしないが勝ちもしない日です。
できたら、あまり動かないほうがいい日です。

先負はさきまけ又はせんぷと読みます。急げば負ける、焦るなという意味です。
午前中は凶で午後から吉に転じます。

仏滅はぶつめつと読みます。
この日は何時に何をしても凶です。
結婚や入籍などの慶事は特に慎みたい日です。

大安はたいあんと読みます。
何時に何をしても縁起のいい日です。
結婚、入籍、出生届、初参りなどの一生の幸福を願う慶事を執り行うのにいい日です。

赤口はせきぐち又はしゃっこうと読みます。
正午だけが吉の日で午前午後とも凶の日です。
大工、板前などの刃物を使う職業にとっては厄日です。
また、火事にも気を付ける日です。

これらの吉凶の根拠は特にありません。
この六つの吉凶が毎日繰り返されるだけのものです。
ただし、毎月一日だけが特定の六曜と決まっています。
月末までの六曜が中断して、固定された六曜から一か月が始まります。

固定された六曜は、一月と七月は先勝、二月と八月は友引、三月と九月は先負、
四月と十月は仏滅、五月と十一月は大安、六月と十二月は赤口です。

六曜の覚え方

人によっては語呂合わせの短文を作って覚える人もあります。
各六曜の意味を知っていると、漢字の音読みだけでも十分に覚えられます。
「せんしょう、ゆういん、せんぷ、ぶつめつ、たいあん、しゃっこう」です。

六曜は主に冠婚葬祭に用いられますが、建築土木関係の地鎮祭、竣工式、上棟式なども六曜を気にすることが多いようです。
また引っ越しも、縁起を担いで大安の日にする人が多いのです。
事故の起きやすい職場では、無事を祈る気持ちが強いのです。

また、企業でも設立登記や事務所開き、合併登記、合併式などを吉日を選んでおこないます。
繁盛、成長、隆盛などを祈る気持ちが強いためです。

六曜は知らない人は、当たり前ですが全く気にしません。
ただ、知っていてしかも気にする人々がけっこう多いのです。
わかっている以上、わざわざよくない日に何かを始めることはないのです。
ところが、全くの他人が気にしてとやかく言うようなものでもないのに、間違えればとても嫌なムードになってしまうのです。
そういうことがないように気を配っているのですから、覚えてしまったほうが早いのです。

Comments are closed.