初盆を迎える、もしくは招かれたら

亡くなった方の霊魂が1年に1度あの世から現世に来るとされている日をお盆と言いますが、49日法要を終えた後初めて迎えるお盆のことに限っては初盆、または新盆と呼ばれます。
お盆であっても初盆であっても基本的なマナーやしきたりについては変わりありませんが、初盆の盆と比べて少し催し事が変化してきますので注意しましょう。

初盆を迎える

お盆の度に和尚様を招いて御経を読んでもらうという方は少ないと思いますが、初盆に限りこれを行うのが通例となっております。
その際のお布施についてですが、一般的には三千円から一万円程度ですが、初盆に限り一万円から三万円程度が目安となっております。
しかしお布施の金額については地域によって相場は大きく異なりますので、事前に調査しておくのがお勧めです。

お布施の渡し方についてですが、無地の白い封筒にお金を封入し、小さなお盆に乗せて渡すのが一般的です。
お盆が無い場合には袱紗に包んで渡しても問題ありません。
封筒の裏書は「御布施」ですが、何も書かずに渡すという地域もありますので、これに関しても金額と同様、前調べをしておく必要がありそうです。

初盆のしきたりとしては、他にも服装は喪服や地味な格好にしなければならなかったり、白い提灯を飾らなければならなかったりといったものがあります。
特に提灯に関しては、初盆にしか飾りませんので事前に準備しておかなければなりません。

初盆を迎えると、親戚を家に招くことになります。
そこで頂くのは御仏前です。頂いた際にはお礼の挨拶をして感謝の意を表しましょう。
お返しはしなくてもかまいませんが、志として品物を贈るのも良いです。
また品物でお返しをする際には、タオルやせっけんなどの日用品を送るのが一般的です。

初盆に招かれたら

逆に初盆に招かれた際にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。
まずは服装についてですが、これは迎える側と同様、喪服が望ましいですが、地味な服装でも大丈夫です。
提灯を贈るという風習もありますが、最近では近隣の住宅事情もありますので、飾るかどうか、事前に先方へ聞いておくのがお勧めです。

また、お供え物を持って行くことも忘れてはいけません。
故人が好きだった食べ物や菓子折り、果物などを選んでおくのが無難です。
この他、御仏前で包む金額に関しては、地域によって相場が異なりますので、事前に調査しておくことをお勧めします。

このように、初盆には様々なしきたりやマナーがありますが、一番大事なことは風習でもしきたりでも、また御仏前やお布施の金額などでもなく、やはり心です。
故人を偲ぶ心、そしてご先祖様、仏様に感謝する心が一番の供養になります。
物の価値は金額ではありませんので、その点だけは充分に心に留めておきましょう。

Comments are closed.