お供え物や金額について

一般的に旧暦の7月15日、新暦では8月15日はお盆と呼ばれる日で、その周辺の8月13日から16日までをお盆の期間と言うことが多いです。
多くの企業はこの時期に合わせて夏季休暇を取るようにしており、この休暇に合わせて実家に帰るという方も多いです。

実家に住んでいる方は、お盆が始まる13日の夕刻に迎え火を焚いてご先祖様の霊魂を家に招く、という行事を行うのではないのでしょうか。
また、お盆の期間中にお墓参りを済ませて、お線香をあげたり、お墓の掃除をしてあげたりと休日にも関わらずやることは多く忙しい日になります。

御仏前にはいくら包めばいいのか

さて、ほとんどの方がお盆の期間中に先祖が眠るお墓へ行ったり、本家へと出向いたりしてお供え物をすることになると思いますが、そこでお供え物は何にしようか、御仏前はいくら包めば良いのか分からずに困った、という経験はありませんか。

正直なところを申しますと、いくら包めば良いのか、またこれをお供えすれば鉄板だという金額や物はありません。
したがって分からなくて困ってしまってもそれは当然とも言えます。
一般的な御仏前の相場としては、3000円が一つの目安になりますが、金額は地域によって異なります。
2000円包めば良いだろうと考えられている地域もあれば、5000円包んで叱るべしと考えている地域もあります。
そのため御仏前の金額については、あらかじめその地域でいくら低度包むものなのかを下調べする必要があります。

何をお供えするべきか

お盆とは、先祖の霊魂があの世から現世に戻ってくる日であることは周知のことです。
ご先祖様がこちらにいらした際に生前好きだった物が供えられていたらそれはそれは喜ばれるでしょうから、供物に関しては、一般的には故人が好きだった物をお供えしてあげるのが望ましいです。
そのため、お供え物は何にしようか迷ってしまった場合には、好物だった物を選ぶのが良いでしょう。

また最近ではお供え物は腐ってしまう前に家で食べてしまいますので、その家の方々が好きな物をお供えしてあげるという風習も生まれてきています。
万人受けするお菓子などをお供えするという人もおりますが、しかしながら家の方々の中に甘い物が苦手な人もいらっしゃるかもしれませんので、そういった点に関しては注意が必要となります。

お供え物と言えば、忘れてはならないのがお花です。
お盆に合わせてお花を飾る家も多いですが、こちらに関しても地域によってどの程度のお花を添えてあげるのかは異なってきますので、やはりそれぞれの土地柄や風習、宗派などを調べておく必要がありそうです。

お供え物をいくらの物にするか、という問題は実は些細なもので、お盆本来の意味であるご先祖様に感謝の気持ちを伝えることができるのであれば、どのような程度の物をお供えしたとしても問題ではありません。
大切なのは気持ちなのです。

Comments are closed.