お盆の迎え方

日本仏教の世界にはお盆という風習があります。
この風習では、お盆は亡くなった方の霊魂が現世に戻ってくる日とされており、それに因んでお供えをしたりお墓参りをしたりと、故人やご先祖様の霊魂のお世話をすることになります。
ご先祖様達がこちらの世界へいらっしゃる時は旧暦の7月15日と定められており、これは新暦の8月15日前後となりますので、この時期には日本各地でお盆の祭事を執り行うことになります。また、地方によっては新暦の7月15日に行うこともありますので、住んでいる場所の風習に従うようにしましょう。

お盆のルーツは?

お盆はもともと、インド仏教における盂蘭盆のことを指しているという説が一般的です。
盂蘭盆とは精霊に対して供物を捧げるために使う受け皿のことで、これが転じて日本で一般的となったお盆の風習に変化したのだと考えられています。

ご先祖様が返ってくる日ですので、現世にて生活している我々はおもてなししなければなりません。
お墓参りやお墓の掃除はこの時期に一緒に行うのが一般的です。
また、お盆に因んだ行事も忘れてはなりません。迎え火と送り火はその代表的な風習で、これは現在でも行われることが多いです。

お盆にすべきことは

迎え火は13日の夕方に行うのが通例となっており、霊魂が迷わずに家まで辿り着いてもらえるように執り行うと言われています。
ここからお盆の期間中はお供え物をして、また手を合わせて日頃の感謝の気持ちを伝えるに至ります。

お盆の風習と言えば、盆踊りも忘れてはならない行事です。
これは地域によって行ったり行わなかったりと分かれます。

本来はお寺の境内などで行うものですが、現在では駅前などの人が集まりやすい場所で行われることが多く、一同が一か所に集まって親睦を深めるという機能を持っています。
そして盆暮れには送り火を焚いて行事が全て終わることになります。
京都などでは個人で送り火をするだけでなく、五山送り火をして大々的に行事を執り行っています。

ところで、初盆という単語を聞いたことはありませんか。
初盆とは、人が無くなってから49日法要が過ぎた次に迎えることになる最初のお盆のことを言います。

初盆の場合には前記したような一般的なお供えをするだけでなく、僧を招いて御経を読んでもらうなど、特別な対応をする必要があります。
しかしこれは地域や宗派によって行わなければならないことが大きく異なってきますので、初盆の際にはしっかりと地域の情報を調査する必要があります。

地域によっては、お盆の際にきゅうりやナスでこしらえた精霊馬も一緒にお供えすることもあります。
これは、あの世から馬に乗っていち早く家まで来ていただくようにとの願いが込められたものです。
またナスは牛に見立てられることもありますが、あの世へ行く時間を少しでも遅らせようとの願いも込められているようです。

Comments are closed.