新盆の意味過ごし方

一般的にはお盆は帰省シーズンでしかも夏休み中ですから、各家庭では遠くに住む兄弟が久しぶりにあったり、孫たちが集まって大騒ぎになったりしてにぎやかな場合が多いものです。
場合によっては賑やかな酒宴になることもあります。
先祖のお仏壇をお守りしているような家庭では、僧侶のお参りもあります。この時の僧侶のお話も穏やかな談笑となります。

新盆の考え方

新盆となれば僧侶のお話は今後のご供養の方法や遺族の心の持ち方の話などになります。
新盆は四十九日を終えてから最初のお盆のことです。
もし、7月や8月に亡くなられた場合には、四十九日がお盆の後にくる場合があります。
その場合の新盆は翌年になります。

というのも四十九日までは故人はまだ中陰におられます。
中陰とは、現世と来世の中間のことです。
故人は、中陰で極楽浄土に行けるかどうかの審判を待っておられるのです。
四十九日満中陰を終えて成仏されると考えられているのです。
お盆は仏様の里帰りの行事なので中陰中のお盆は里帰りはありません。

新盆は遺族はまだ悲しみが癒えていない場合が多いので賑やかしく帰省を楽しむ雰囲気にはなりません。
あくまで仏事としてのお盆を執り行わなければならないのです。

新盆の盆飾り

一般的なお盆と同じように精霊だなを用意して迎え火と送り火を焚きます。
また絵柄のある提灯はご先祖のために、新盆を迎えられた方のためには白提灯を用意します。

ただ、近年はマンションなどの集合住宅も多いために、普段からお盆の飾りをしない家も少なくありません。
新盆の場合にも、白提灯を省略することは珍しくありません。

仏壇の前には、お供え物を飾ります。
お花、果物、お菓子、乾物、お線香が一般的です。
新盆のお参りをする場合には、これらのお供え物や現金をお供えします。
供物を粗供養として分配する習慣のある地域では、個包装で分けられるものをお供えします。

お供えをする場合の表書きは、現金の場合には「御仏前」やものの場合には「ご仏前」または「供物」とします。
墨の色は黒で、不祝儀袋は双銀、藍銀、黄白のいずれかの結び切りのものを用います。

粗供養、お返し

新盆では、お供えをたくさんいただきます。
新盆のお供えものや現金に対するお返しは原則として必要ありません。
お参りに来られた方々にお供えの品々を分配する地域もあります。
また、簡単なお食事を用意します。
その場に居なかった人や、格式ばった相手様には志や粗供養として、タオルなどを送る場合もあります。

新盆の服装

新盆では喪服が基本です。
しかし、近しい間柄の人ばかりが集まるような場合には、黒やグレーの地味な服装でも構いません。
お参りにうかがう人は、故人や遺族が目上の人なら喪服にしたほうが無難です。
親しいご近所の場合も地味な服装でもかまいません。
土地柄や相手様との関係によって配慮しましょう。

Comments are closed.