供える花について

お墓には、常にお花が供えられていることが良いとされています。しかし、“常に新鮮なお花が供えられている状態を維持する”ことは、とても大変です。それなら、せめて故人が好きな花を供えてあげたいと思いませんか?

 

供える花についても、実は少しだけルールがあります。

 

 

●お花の種類●

四十九日が過ぎるまでは、白い花を供えるようにします。それ以降は、菊・ユリ・トルコキキョウ・カーネーション・ラン類・りんどうなどが無難とされています。特に、菊やキキョウなどは日持ちが良いので、お墓に供える花として最適です。

匂いが強いものや色が派手なもの・トゲのあるものは、好ましくないとされていますので気をつけましょう。

ただ、故人が生前にバラが大好きだったなど、理由がある場合はトゲを取って供えると良いです。

 

 

●お彼岸の世界●

お供えにふさわしくない花の理由として、お彼岸の世界の話が挙げられます。

仏壇やお墓に供える花は、一輪でも先祖の供養になるそうです。さらに、こちらの世界で一輪お供えした花が、彼岸の世界(死後の世界)では、たくさんに増えて仏様に届くのです。

そのため、匂いの強い花や、色が派手な花・トゲがある花は、仏様の居心地が悪くなるので避けた方が良いそうです。

 

これは諸説あるうちの一説ですが、蘇悉地経という経典に、『刺のある花、黒い花、異臭のある花は上げてはいけない』という記述もあるため、信ぴょう性がありますね。

 

 

●花屋さんで注文する●

仏花はスーパーなどで売っている場合もありますが、故人の好きな花を取り入れたいなら、やはり花屋で注文する方が良いでしょう。その時期によってアレンジを変えてくれますし、どんな花を選べばいいのか分からない場合は、相談にも乗ってくれます。

 

また、造花などは枯れる心配もありませんので、花屋さんやネットでアレンジして貰う方法もおすすめです。

 

 

●お供えした後●

お花はお供えしたまま帰ることになります。あとで倒れてしまわないように、花立てに合わせてハサミで短かめに切っておくと良いでしょう。

生花の場合、少しでも長く花を咲かせておきたい場合は、まだ蕾の状態の花を入れるという方法もあります。

 

花屋さんや家族と相談して、故人の喜ぶ花を供えられるように準備しましょう。

 

 

(彼岸の世界参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083140420)

(花の種類参考URL:http://www.haka212.com/hakamairi/ohana.html)

Comments are closed.