お墓参りの時期・お盆

お墓参りは、ご先祖様を敬う気持ちをもって供養するという行為を表します。

今は高齢化が進み、お墓参りに来ることのできない人が増えました。
そのため、手入れが行き届いておらず、雑草に覆われたお墓が沢山あるそうです。

お墓参りに行きたくても、それぞれの事情で願いが叶わない人もいます。
行くことのできる環境にある方は、ご先祖様のためにも可能な限りお墓参りに行って欲しいと思います。

 

 

●お墓参りの時期●

どの時期に行けばいいのかと言うと、いつでも、お墓参りをする人が行きたいと思った時で良いのです。
実際のところ、お墓参りの時期は特に決まっていません。
お彼岸、お盆、故人の命日や誕生日、結婚や出産の報告など、至って自由です。

その中でもお墓参りに訪れることが多い時期は、お盆です。

 

 

●お盆とは●

お盆とは、ご先祖様の霊が帰ってくるとされる時期のことです。
宗派や地域によってその時期は異なりますが、7月15日頃と8月15日頃にわかれます。

では、ご先祖様はどうやって家まで帰ってくるのでしょう。

それは、家人がお盆の時期になると迎え火を焚くのです。
これを目印に、ご先祖様は迷わず家まで帰ってくることができます。

迎え火を焚く時期は7月13日(もしくは8月13日)の夕方、
そしてご先祖様が帰った後の7月16日(8月16日)に送り火を焚くことが日本の風習となっています。

 

 

●お墓とは●

さて、ここで一つ疑問が浮かびます。

お墓参りに行く人が多いのはお盆、しかし、お盆はご先祖様が家に帰ってくる時期です。
そうなれば、お墓には誰もいないことになり、お盆にお墓参りに行く必要を感じません。

 

実はお墓というのは、単なる記念碑としての存在ではなく、仏教の悟りの世界を具現化したものなのです。
お墓参りとは、ご先祖様への感謝を表し、仏様への礼拝をすることです。
つまり、お墓は故人を含めたご先祖様のものであり、仏様のものでもあります。
ご先祖様が家に帰ってきていても、お墓には仏様が居るので、お盆にお墓参りに行く意味がないということはありません。

 

 

 

忙しい毎日に追われていると、ついご先祖様や仏様への感謝を忘れがちになってしまいます。
それを思い出させるために、お盆などを特別な日とし、お墓参りを決まって行うようになっていったそうです。

 

これからのお盆は、お墓参りをしてご先祖様や仏様へ心を向け、家でもご先祖様をお迎えして行きたいですね。

 

(参考URL:http://obonnohakamairi.seesaa.net/article/123038773.html)

Comments are closed.