カザンラクのトラキア人の墳墓

ロマンあるトラキア人の歴史

カザンラクのトラキア人の墳墓は、近年では、歴史との関わりが多いとして人気を集めています。

例えば、カザンラクのトラキア人の墳墓は世界遺産登録されているため、それだけでも魅力的です。
しかし、カザンラクのトラキア人は、このような墳墓だけでなく、数多くの遺産を残しているということで注目が集まっています。
例えば、墳墓以外ではブルガリアのバラ園などが該当します。
目新しい文化、もしくは文化を重んじた生活を好んでいる人が多かったようで、カザンラクのトラキア人の歴史をたどっていくと、このような発見が多いということで人気が高いのです。

文化を重んじた生活というと、国によっては建築物などで建築技術の高さを誇る、もしくは威厳を示すことが多いです。
しかし、カザンラクのトラキア人の場合は、装飾品といった美意識を高める努力などを、遺産を通じて確認することができるという特徴を有しています。

そもそも、カザンラクのトラキア人そのものは、歴史(他国に支配される歴史)とともに、トラキア人ではなくギリシャ人としての生活を余儀なくされていました。
つまり、時代とともに多くの文化を重んじた生活を放棄し、そして、結果的に取り残されたものが遺産になったわけです。

そのため、ブルガリアに残された墳墓から、繁栄の歴史を見ることができるようになっているのです。
また、カザンラクのトラキア人の墳墓は、20世紀後半になってから古代遺跡が発見され、その影響でカザンラクのトラキア人の文化、文化レベルと生活についても、多くの人に知られるようになりました。

防空壕堀りで発見された墳墓

カザンラクのトラキア人の墳墓についてですが、そもそも、こちらは偶然発見できた墳墓の1つです。

というのも、第二次世界大戦中の1944年に兵士が偶然発見した墳墓だからです。
元々は、防空壕を掘るという目的で兵士は行動していました。
ですが、墓が見つかったため、財宝などが存在しないか確認したところ、すでに盗掘されていたために、財宝などは見つからなかったのです。
その後、カザンラクのトラキア人の墳墓は1979年に世界遺産登録されました。
稀有な発見、そして特殊な状況下での発掘により、今では多くの人が知っているカザンラクのトラキア人の暮らし、そして墳墓の作りが明らかになったというわけです。

また、カザンラクのトラキア人の墳墓は全体的に小規模であることも有名です。
墳墓というと、時代において権力者が作り上げる墳墓が多かったため、大規模、豪華な副葬品などが多い、もしくは独特なレリーフを確認することができるという特徴もありますが、このような特徴が少ないのも、トラキアならではの特徴なのです。

Previous Entries