お墓についての豆知識

普段何気なく目にしているお墓ですが、そこで使われている道具や作法にはきちんと伝統的な意味が込められています。
宗派によって若干の差はあるものの、一般的な仏教式のお墓の場合、墓石の形や周囲に置かれる用具や飾り物の形はほとんど変わりません。
また、お盆などお墓参りの時期などには、木製の水桶に柄杓をもっていって水を上からかけるようにする作法もあります。
お墓参りをするとき、若い人などはなんとなく周りの人がしていることの真似をしているのではないかと思いますが、その仕草や道具に込められた意味を知ることによって、心をあらたに先祖の供養をすることができるのではないかと思います。
簡単にお墓参りの意味や作法をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

まず、お墓参りの一般的な手順を説明します。
お墓参りに行くときには、掃除をするためのほうきやバケツ、雑巾やブラシ、ゴミ袋などを持ち込みます。
その他に、お参りのための道具としてろうそく、お線香、マッチ、お供え物・お花、水桶、数珠をそれぞれ人数分用意します。お墓参りにいくときの服装には特にこうしなければいけないというきまりはありません。
お墓参りをするときにはまず最初にお墓の周囲をきれいに清掃します。
周りのゴミを拾って雑草を抜き、前回お参りをした人のロウソクカスやお線香の灰をきれいに取り除きます。墓石にも水をかけ、雑巾できれいにふくとよいでしょう。
すっかりきれいになったらようやく新しくお花を供えてロウソクやお線香を立てます。
お墓参りの手順としては、まず墓石に水をかけ、しゃがんで頭を低くして手を合わせます。
お参りが全員終わったらきちんとロウソクの火をけし、お供え物として持ってきた食べ物はそのまま持ち帰ります。

墓石に水をかけるのは、仏教の教えに関係があります。仏教では死後の世界には六道というものがあり、そのひとつが「餓鬼道」です。
餓鬼道ではそこにいる人は常に飢えや乾きを感じる苦しみがあるので、もしご先祖様の中に餓鬼道に迷い込んでいる人がいたときにその乾きを少しでも潤してあげるためのことなのです。
お参りをするときには必ず墓石よりも頭を低くします。できればしゃがんでできるだけ頭を下げた形で行うようにしましょう。
お供え物については、そのままにしておくとカラスなどに食べられ生ゴミを散らかしてしまいます。一度そこに備えればあとはよいことになるので、持ち帰って自分たちで食べても大丈夫です。

Previous Entries