盆提灯の選び方

盆提灯って何? 由来は?

都会の人などは意外と盆提灯の意味など知らない人も多いようです。
盆提灯はお盆のときに先祖などの霊が、迷うことなく家に帰ることができるようにと、提灯を飾って目印にするものであり、迎え火、送り火などの重要な役目となります。
また盆提灯は故人のために、感謝や冥福を祈る気持を表す供養のかたちでもあるのです。

そして故人への供養のための供え物の中でも盆提灯は最高のお供えとも言われており、新盆の家に親せきや友人などが盆提灯を贈る風習もあります。
新盆の家では玄関などに霊が迷わないように盆提灯をつるし、いただいた供養のための提灯は精霊棚や仏壇の前に飾るようにしましょう。
ただし最近は家族葬などうちうちだけで行うこともあり、そのときには新盆の家で精霊棚や仏壇の前にも飾るための盆提灯を用意します。

デザインについて

盆提灯の種類もいろいろありますが、まず新盆の家では色提灯の他にも新盆用白盆提灯を飾ります。
色は白が中心で、地柄があるものや裏綿に絵が描かれているものもあります。
豪華な蒔絵が美しい御所提灯蒔絵タイプや、住吉提灯も落ちついた蒔絵が書かれているものもたくさん出回っています。

御所提灯は楕円形ですが、住吉提灯は筒型の長めの形となっています。
蒔絵はどれも静かなイメージのものですが、その中にも明るいものや、ぐっと抑えた柄など亡くなった人のイメージなどを考えて購入すると良いのではないでしょうか。
また家紋を入れた提灯も人気があります。

選び方について

盆提灯の大きさもさまざまで、足付き回転式タイプ、足付き制止タイプ、下に置くタイプ、掛けるタイプなどいろいろなタイプがあります。
お盆のお供えをする場所の広さ、仏壇の前の広さによって大きさや数なども選ぶようにしましょう。
数は左右に1個ずつ対に置かなくても一つでも問題なく、新盆のときには必ず玄関に一つ必要です。

また絹張りや紙張りのものがありますが、絹張りは明るくなり紙張りは幽玄なイメージになるので家の人の好みで選べばいいでしょう。
また価格も相当いろいろな商品で差がありますので、自分の予算に合わせて購入すればいいのではないでしょうか。

購入するところは?

では盆提灯を購入するときには、仏壇具店やデパートなどの仏具売り場などでも購入できます。
またネットでもたくさんの種類の盆提灯が売られているので、いろいろなタイプの中から自分に合った物を選ぶことが大切ではないでしょうか。
また豪華でなくても故人を思って選んだものなら、安いものでも価値は同じということも忘れないようにしたいものです。

もちろん良いものを購入したいという気持も、故人に対しての思いであればそれも良いことでしょう。
ただし消耗品ではないのである程度の価格の中で、故人のイメージの柄などを選んでもいいのではないでしょうか。

Previous Entries