金仏壇の紹介

金仏壇の特徴について

金仏壇というと、仏壇全体は黒の漆塗りでつやがあり、扉を開くと中は金張りになっているタイプの仏壇です。
浄土真宗の宗派の家に置かれていることが多く、金仏壇は浄土真宗用の仏壇と思われていることもあります。
しかし実際には浄土真宗だけでなく、他の宗派でも金仏壇を使用することはできるのです。

江戸時代からの歴史ある金仏壇の産地は、全国に経済産業大臣からの伝統的工芸品の指定を受けている産地が15カ所もあります。
それぞれの産地特有の技術によって金仏壇がつくられてきたためとても地域性が高く、地域によって使用する金仏壇はそれぞれの特徴がありました。
しかし現代は好みなどを取り入れた、さまざまなタイプの仏壇が人気となり、地域の人でも今ではさまざまな仏壇を購入するようになったのです。

ちなみに、金仏壇産地として有名仏壇は、東北・北陸地方では山形仏壇、新潟・白根仏壇、三条仏壇、長岡仏壇、金沢仏壇、七尾仏壇。
東海・中部・近畿地方では名古屋仏壇、三河仏壇、飯山仏壇、彦根仏壇、京仏壇、大阪仏壇。
中国・九州地方では広島仏壇、八女福島仏壇、川辺仏壇となりそれぞれの技術により、同じ黒塗りの金張りでもイメージが違うと言われています。

金仏壇の魅力について

金仏壇の魅力は仏壇らしい仏壇ということであり、その荘厳さが一つの大きな魅力ではないでしょうか。
外側は真っ黒でツヤがあり、中はパッと極楽浄土をイメージした華やかな金色で、これぞ仏壇という豪華なイメージです。
仏間などに置くと、重厚感と落ちつきがある魅力的な仏壇ですが、洋間に置くにはちょっとマッチしないというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

特に金仏壇の場合、木地師、宮殿、屋根師、彫刻師、・塗り師・呂色師・金箔押師、蒔絵師、彩色師、錺金具師、仕立師、組立師など、さまざまな部分の技術者が携わって一つの金仏壇を製造するため、材料だけでなく何工程もの技術によってつくられ、価格も相当高くなってしまいます。
しかし現在は、多くの技術者の手によってつくられた高級金仏壇だけでなく機械技術などを駆使し、もっと低価格で購入できるものも増えているのです。

金仏壇の選び方

金仏壇は一見するとどれも似て見えますが、地域によって多少技術の違いがあるだけでなく、宗派によっても内側が違ってきます。
特に本尊を安置する須弥壇の上の宮殿というところの形が、宗派ごとの本山を模してあるので、自分のおまつりする宗派にあったものを選ぶようにしましょう。
また、例えば浄土真宗であっても、本願寺派(お西)、大谷派(お東)、高田派と言っていろいろ分かれており、それぞれ仏壇の中も違ってきます。

Previous Entries Next Entries