お手入れの仕方

仏壇は、常に綺麗にしておくことが、ご先祖様や故人に対して、何よりの敬意になります。丁寧に扱うと大変長持ちする仏壇ですが、直射日光や乾燥・湿気に弱いという特徴があります。

そこで、仏壇を綺麗に保つための掃除方法をご紹介しましょう。

 

 

●仏壇のお手入れ方法●

掃除道具としては、主に毛バタキや乾いた柔らかい布を用います。

 

木部のお手入れの場合、汚れの少ない場合は、乾いた柔らかい布でから拭きするだけで良いのですが、汚れのひどい場合には薄めた中性洗剤を使います。中性洗剤を使用した後、必ず洗剤は全て拭き取り、水分が残らないようにしてください。先ほど述べた通り、仏壇は湿気に弱いのです。

 

ガラス部分をお手入れする場合も、乾いた柔らかい布を使います。ガラスクリーナーで掃除をする時は、木部にかからないように注意しましょう。

 

漆塗りの掃除をする時は、まず毛バタキなどでほこりを軽く払ってから、乾いた柔らかい布でから拭きをします。汚れがひどい場合は、ぬるま湯に浸した布で汚れを落とし、その後乾いた布で水分を拭き取りましょう。

 

金箔は、はがれやすく、内側にある漆塗りの面(黒い面)が露出する恐れがあるため、直接布などで拭くことは避けましょう。毛払いを使って、ほこりを軽く払います。古くなった毛払いを長期間使っていると、金箔をはがしてしまう場合があるので、時期を見て新しいものと交換するようにしてください。

 

 

●仏具のお手入れ方法●

指輪や腕時計などをしていると仏具を傷つける可能性があるため、お手入れの際は必ず外すようにしましょう。

仏具にも種類があり、その特性によってお手入れの方法が変わってきます。

 

まず陶磁器の仏具ですが、他の食器類とは分けて、食器用中性洗剤をつけたスポンジで、やさしく洗います。十分にすすいだ後、乾いた柔らかい布で水分を拭き取ります。

汚れた水に長時間浸けていると、その汚れを吸ってしまいますので、使用した後は早めに洗いましょう。

 

ガラスで作られた仏具の場合、熱湯や冷水だと割れてしまう恐れがあるので、ぬるま湯を利用します。食器用中性洗剤を使い、柔らかいスポンジで洗ってください。ぬるま湯を使ってすすぐと、水切れが良く、ガラスの輝きが増します。

カット模様部分は歯ブラシを利用すると、汚れを落としやすいですよ。

 

仏壇の電球を交換する場合には、火傷の恐れがあるため、電球の温度が下がってから作業を行ってください。仏壇の中にある仏具は、破損やケガを避けるために、一度全て外に出すようにしましょう。

 

他にも仏具のお手入れ方法がありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

(参考URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/kyo-butsudan/maintenance.html)

 

 

当たり前ですが、汚れがひどくなると落ちにくくなります。そうなってから、苦しい思いをして掃除をすることのないように、普段から細かい掃除を心掛けましょう。

Comments are closed.