家具調仏壇の紹介

家具調仏壇の人気について

現在、日本の住居スタイルは和から洋へ移り変わっており、今では和室のない家やマンションも多くなっています。
そんな中、和室に置くような昔からの仏壇は、なかなか今の住居には合わなくなってきているのです。
また一昔前の仏壇というと黒塗りに金張りというイメージですが、これも洋室にはちょっと違和感があります。

もちろん仏間があればそれでも良いかもしれませんが、仏間などゆとりのある家やマンションはなかなか少なくなり、部屋数も生活のためにぎりぎりだという生活環境が増えているのです。
そこで今の生活、住居環境に違和感のないインテリア家具のようなイメージの家具調仏壇が人気となっているのです。

家具調仏壇の特徴について

家具調仏壇はインテリア性を大切にしてつくられたもので、一見置いてあるだけでは仏壇だということが分からないようなものも多くあります。
伝統的な仏壇の場合は、欄間彫刻や宮殿などが施されていますが、家具調仏壇になるとガラス扉やオシャレでスッキリした内部のものが多く、扉を閉めればオシャレな家具にしか見えません。

材質的にはウォールナットやチーク、メープルなどの洋家具に使用するものが多く、明るいイメージを作り出してくれます。
小型仏壇が多くマンションのリビングなどに置いたり、壁に掛けるタイプなども人気がありますが、これからはこのように小型なものが主流になっていくことでしょう。
またいろいろなデザインがあるので家具を選ぶような感覚で選択ができ、「現代仏壇」「モダン仏壇」などいろいろなネーミングで販売されています。

家具調仏壇の魅力について

特に身内が亡くなると、仏壇をちゃんと置きたいと考える人も多くなります。
しかし今のライフスタイルに合ったものでないと、置きたいという気持があってもなかなか置くことができないのが現状です。
今までは大きな仏壇をドーンと畳みの上に置くか、タンスなどの上に置くポータブルタイプが主流でした。

特に都会などの住宅は小さいことが多く、タンスなどの上に置くタイプが多く使用されています。
しかし家族が集うリビングに置きたいと思っても、いかにも仏壇のイメージの強いものを置くのは、あまりマッチングせず違和感さえ感じてしまいます。
しかし家具調仏壇ならリビングに置いても違和感もなく、逆にオシャレな雰囲気さえ醸しだしてくれます。

特に夫、妻、子どもなどが亡くなった場合は、家族が集まるところに仏壇を置きたいという気持も強くなります。
だからこそリビングに置いても違和感なく、自然にマッチする家具調仏壇に人気が集まっているのです。
そして、いつも話掛けていたいという人のためには、まるで化粧台のようなイメージで、椅子付きのタイプなども人気があります。

Comments are closed.